製品情報 標的型攻撃対策【企業向け】

標的型攻撃対策ソフトウェア FFR yarai

製品情報
特徴
システム要件
価格
導入事例
カタログ
FAQ
販売店情報
お問い合わせ

特徴

FFR yaraiの主な特徴・ポイント

パターンファイルに依存しない”プログレッシブ・ヒューリスティック技術”により
サイバー攻撃を多角的なアプローチで分析する5つのエンジン

 FFR yarai では、アンチウイルス製品のようなパターンファイルや単一的なアプローチのヒューリスティック技術に依存しない、プログレッシブ・ヒューリスティック技術を用いた防御機構を備えています。
FFRIのプログレッシブ・ヒューリスティック技術は、攻撃者の思考を先回りした先進的な検知ロジックを搭載する5つのエンジンで、検査対象のプログラムを多角的なアプローチで分析し、既知・未知に関わらず、マルウェアや脆弱性攻撃を高精度で検知・防御します。
【図解】FFR yarai プログレッシブ・ヒューリスティック技術
*・・・暗号化アルゴリズムは3DESを採用しております。(ユーザによる設定変更不可)
POINT1ZDPエンジン
 メールやWebページ閲覧時の攻撃など、既知・未知の脆弱性を狙ったウイルス攻撃を防御。
独自の「API-NX」技術(特許第4572259号)で、任意コード実行型脆弱性の攻撃を防御。
イメージ
POINT2Static分析エンジン
 プログラムを動作させることなく分析。「PE構造分析」「リンカー分析」「パッカー分析」「想定オペレーション分析」など多数の分析手法「N-Static分析」で検知。
イメージ
POINT3Sandboxエンジン
 仮想CPU、仮想メモリ、仮想Windowsサブシステムなどで構成される仮想環境上でプログラムを実行。独自の「U-Sandbox検知ロジック」で命令の組み合わせに基づいて検知。
イメージ
POINT4HIPSエンジン
 実行中プログラムの動作を監視。他プログラムへの侵入、異常なネットワークアクセス、キーロガーやバックドア的な動作などの挙動を、独自の「DHIPSロジック」 で検知。
イメージ
POINT5機械学習エンジン
 FFRIが収集したマルウェアに関するビッグデータを元に実行中のプログラムを監視。 ビッグデータ上の振る舞い特性を抽出し、機械学習で分析した特徴により端末上の悪意ある挙動を検知。
イメージ
【NEXT】FFR yaraiの標的型攻撃に対する効果とウイルス・マルウェアでの検出結果
よくお問い合わせをいただくご質問【FAQ】
製品に関する技術的なお問い合わせ【お問い合わせフォーム】