サービス情報 セキュリティコンサルティング

Prime Analysis 企業・組織の課題に応じたリサーチ&コンサルタント PrimeAnalysis Lite PrimeAnalysis Basic PrimeAnalysis Advanced

サービス概要
Prime Analysis Lite
Prime Analysis Basic
Prime Analysis Advanced
カタログ
お問い合わせ

サービス概要

サービスの概要

企業を狙う多様化・複雑化したセキュリティ脅威を、独自の解析方法で
FFRIのセキュリティ・リサーチ・チームが解析し、組織が抱えるこれら課題の解決を強力にサポート。

 0-day脆弱性の増加、標的型攻撃、見えにくい攻撃、情報のアンダーグラウンド化…。 セキュリティを取り巻く脅威はさらに複雑化し、かつ急速に変化しています。的確なリスク管理を実現するためには、日々発生する新たな脅威に対抗するための、迅速かつ正確な情報収集能力、分析能力、問題解決能力が求められます。Prime Analysisは、組織が抱えるこれら課題の解決を強力に支援する包括的リサーチサービスです。

 FFRIのセキュリティ・リサーチ・チームは、多様化・複雑化するセキュリティ脅威に対抗するための、強力かつ広範な技術力を備えた専門家チームです。ワールドワイドに広がる独自の情報源から日々得られる情報を正確に分析し、迅速かつ的確なソリューションを提供します。


FFRIセキュリティチームの主な実績
・100を超える日本最多のクリティカルなセキュリティ脆弱性発見
・Microsoft Windows 7 のセキュリティ機能評価 など、多数のセキュリティ脅威分析
・記事、専門雑誌、新聞、NHKニュースなどメディアに多数掲載
・セキュリティ脆弱性対策研究に関する多数の研究発表
・経済産業省 「新世代情報セキュリティ研究開発事業」の研究成果の技術を本サービスに展開
 ※FFRI実績の詳細は、こちらのFFRIの強みをご覧ください。

サービスメニュー一覧

脆弱性・脅威分析から、CSIRTの強化、セキュリティアナリストの養成支援まで、
脅威検査対象やセキィリティ対策の範囲などに応じて選べる3つのサービス。

 Prime Analysisサービスでは、組織が抱えるこれら課題の解決を強力に支援する「Lite」「Basic」 「Advanced」の3つのサービスをご用意しております。検査範囲のほか、組織のセキュリティ対策支援、コンサルティングに応じて選ぶことができますので、年間計画に応じたプラン変更なども可能です。サービス内容の詳細につきましては、下記または各サービスページをご覧ください。
サービス内容 Lite【プラン詳細】 Basic【プラン詳細】 Advanced【プラン詳細】
Weekly Reportの作成(1回 / 週)
新たな脆弱性情報やインシデント情報、exploit情報などを収集し、独自の分析を行ったレポートを毎週発行
チェック チェック チェック
Prime Research(1回以内 / 3カ月)
(1)独自に発見した脆弱性の詳細な脅威分析と対策
(2)非公開リサーチプロジェクトへのアクセス
チェック チェック チェック
Consulting(5時間以内 / 月)
御社組織におけるセキュリティ上の意思決定に関するご相談、各種セキュリティ関連技術に関する質問などをコンサルティング
チェック チェック チェック
Quarterly Meeting(4回以内 / 年)
御社へ訪問し、Prime Analysisに関するご質問やフリーディスカッション及び弊社内で現在進行中の研究を発表
チェック
Custom Malware Research(4回以内 / 年)
ファイルやペイロードをご提供頂き、exploitやMalwareを解析。 また発見された脅威に対抗するため、環境に応じた対策手順をご案内。
チェック
0-day Research(不定期・発表あり次第)
公開されたクリティカルな未パッチ脆弱性や検証コードを即座に解析し、情報ソースの信頼性、脆弱性の質、影響範囲、攻撃ベクタ、exploitで利用されているテクニック、exploitingの安定性など、詳細かつ正確な脅威分析をリアルタイムにご提供。
チェック チェック
Custom 0-day Research(4回以内 / 年)
0-day脆弱性の有無を解析。発見された脅威に対抗するため、環境に応じた対策手順をご案内。設定などで回避できない場合には、パッチ開発など独自の一時回避策に関するリサーチを行い、成果物をご提供。
チェック
MS-bulletin Research(不定期・発表あり次第)
Microsoft Security Bulletinがリリースされると深刻なものから即座に脅威分析を行い、より詳細な情報をご提供。公開exploitの所在、一次情報源、より詳細な脆弱性の質、攻撃ベクタ、exploit安定性などの分析を行い、また、パッチ差分解析などで得られた有用な情報(脆弱性修正箇所や非公開脆弱性の修正の有無など)があれば詳細な解説をご提供。
チェック チェック
Rapid Notification(不定期・インシデント発生し次第)
0-day悪用による大きな脅威など緊急対応が必要なインシデントが発生した場合、即座にその脅威を分析し、お客様の緊急連絡先メールアドレスに連絡。発生した脅威に関する詳細かつ正確な情報を速やかにご提供。
チェック チェック
Prime Analysis Lite
Prime Analysis Basic
Prime Analysis Advanced
よくお問い合わせをいただくご質問【FAQ】
製品に関する技術的なお問い合わせ【お問い合わせフォーム】