特集

どうする? Windows XP 延長サポート終了後のセキュリティ対策

どうする? Windows XP 延長サポート終了後のセキュリティ対策

低コストなセキュリティ対策でWindowsXP延命

既存OSのサポート終了と新OS移行への課題

 2014年4月8日に、WindowsXPの延長サポートが終了しました。Windows XPは、2001年10月25日の発売以降、 10年以上も使い続けられており、広く普及しているOSです。

 既に多くの企業がWindows 7などへの移行を進めていますが、2014年4月時点で、15~20%の企業/組織は何らかの理由により、Windows XPを使い続けるのではないかというアナリストもいます。例えば、移行コストが捻出できないケースや、移行先のOS上で動作しない業務アプリケーションの存在などによるものです。

既存OSのサポート終了に伴うリスク

 Windows XPやWindows Server 2003などの延長サポート終了に伴い、最も懸念されるのは、脆弱性攻撃やマルウェア感染のリスクです。サポート終了後は、セキュリティパッチが提供されなくなるため、サポート終了後に新たな脆弱性が発見された場合、OSは無防備な状態となります。今まで公開されたマイクロソフト社のセキュリティ情報を見てもわかるように、Windows VistaやWindows 7、Windows Server 2008などのOSに発見された脆弱性がWindows XPやWindows Server 2003にも存在するケースは少なくありません。
 加えて、利用可能なハードウェアやソフトウェアもサポートが終了されていくため、WebブラウザやOfficeソフト、セキュリティ製品なども含め、サードパーティ製ソフトウェアのアップデートなども行われず、アプリケーションの脆弱性に対しても無防備な状態となってしまいます。
※脆弱性攻撃の脅威については、こちらの特集ページもご参照ください。
【図解】既存OSのサポート終了に伴うリスク

FFR yarai ならマイクロソフトの延長サポート終了後も製品サポートを提供

 弊社は新OSへの移行を大前提としつつ、何らかの理由によりやむを得ず延長サポート終了までに新OSへ移行できないユーザーを支援するために、FFR yarai および FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能の動作環境として、Windows XP(SP2以上)とWindows Server 2003(SP2以上)を、2017年12月31日までサポートします。両製品に搭載されているZDPエンジンは、バッファーオーバーフローに代表される任意コード実行型脆弱性攻撃の99%を防御範囲としてカバーしているため、セキュリティパッチが提供されなくなった後も、OSやアプリケーションの脆弱性を狙う危険度の高い攻撃からシステムを守ることができます。(ZDPエンジンによる防御実績の一部はこちらをご参照ください。)仮想パッチと違い、既知だけでなく未知の脆弱性リスクを軽減できることが特徴です。また、FFR yaraiにおいては、ZDPエンジン以外の3つのヒューリスティック検出エンジンにより、パターンファイルに依存せずにマルウェアを検出・防御し、マルウェアの脅威からも守ります。
 これにより、延長サポート終了前までに移行が完了していないシステムを守り、新OSに移行期間中のセキュリティリスクを軽減します。
 また、移行完了後は、新OSにライセンスを移すことで継続してご利用いただけます。
【図解】FFR yaraiにおけるマイクロソフト社延長サポート終了後の対応について

対象商品

 FFR yaraiとFFR yarai 脆弱性攻撃防御機能は、Windows XP(SP2以上)、Windows Server 2003(SP2以上)を2017年12月31日までサポートします。
FFR yarai
FFR yaraiパターンファイルに依存しないヒューリスティックな検出技術を徹底的に追及した標的型攻撃対策ソフトウェア
※価格情報はこちら
FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能
FFR yarai脆弱性攻撃防御機能攻撃に利用されやすいコード実行型脆弱性攻撃を防御するセキュリティ脆弱性攻撃対策製品
※価格情報はこちら
XP延長サポート終了後対策お問い合わせ【お問い合わせフォーム】