FFRI Raven FAQ

FFRI Raven組込み機器向け脆弱性検査

企業向け カタログダウンロード

FFRI Raven
FFRI Raven
ネットワーク機能を持つ組み込み機器やスマートフォンのセキュリティ堅牢性を検査し、未知のセキュリティ脆弱性を発見するテスト・ツール

F A Q

  • A
    サブスクリプションライセンスとなっており、年単位と月単位のライセンスをご用意しております。
  • A
    一部の64bitOSに対応しています。
    詳細は、システム要件をご確認ください。
  • A
    対応しておりません。
  • A
    アンインストール時にディアクティベートされるのでFFRIのライセンスサーバへアクセス可能な状態でアンインストールして頂いた上で、 移行先のマシンでアクティベートを行って頂ければ問題ございません。

    また、年額サブスクリプションライセンスの場合は、インストール台数の制限はございませんので、移行時にライセンス数を気にする必要もございません。
  • A
    FFRI Raven検査では、バッファ・オーバーフロー脆弱性やフォーマット・ストリング脆弱性などが存在した場合、検査項目にかかわらず、対象機器の処理が横取りされ、 攻撃者が用意した任意コードが実行される可能性があります。理論的には、ターゲット・システムを事実上乗っ取られる可能性もあります。

    また、DoS攻撃脆弱性が発見された場合、対象機器のサービス停止やDDoS攻撃の代用として攻撃者に利用される可能性があります。
  • A
    IPv6に搭載されているIPSec の拡張ヘッダに対するFuzzing について対応しております。
    使用するインタフェースにてIPv6が割り当てられているインタフェースを選択した際に表示される、IPv6検査タブにてFuzzingすることができます。
  • A
    検査できます。
pagetop