サイバーセキュリティ対策 まるわかりセミナー

~ゲートウェイからエンドポイントまで、セキュリティ運用の最適解とは~

セミナー概要

あらゆる企業がITを活用してビジネスを展開するようになった現代では、高度化するサイバー攻撃への対策が重要な経営課題となっており、ゲートウェイ製品(UTM、IPS/IDS)やエンドポイント製品など、さまざまなベンダーから提供されるセキュリティ製品を組み合わせて対策している企業が増えています。しかし複数製品の導入には、運用負荷が増大するという課題もあります。
本セミナーでは、最新のゲートウェイ対策、エンドポイント対策に合わせてセキュリティ運用の肝についてご紹介させていただきます。 皆様のご登録をお待ちしております。

開催日時と参加要項

日時

11月7日(水)14:00~(13:30受付開始)

会場 ソリッドスクエア西館 20F セミナールーム
川崎市幸区堀川町580 地図を見る
参加費 無料
定員 30名(事前登録制)
参加対象 本セミナーは弊社製品・サービス導入をご検討/ご利用中のお客様および、弊社販売パートナー様を対象としています。特に導入、設定、運用管理業務に従事されているご担当者様、責任者様向けの内容です。
※競合他社様、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

スケジュール

13:30 受付開始
14:00-14:10 ご挨拶
JBサービス株式会社 セキュリティサービス推進   平田 直樹
14:10-14:30 新サイバーセキュリティ動向
JBサービス株式会社 セキュリティ・エバンジェリスト  高橋 真哉
14:30-15:15 まるわかり、ゲートウェイが担うセキュリティ対策
図研ネットウエイブ株式会社 営業本部 第三営業部   杉森 洋基
15:15-15:30 休憩
15:30-16:15 まるわかり、次世代エンドポイントセキュリティ
株式会社FFRI 事業推進本部プロダクトソリューション部  岡田 一彦
16:15-16:45 セキュリティ運用の肝
JBサービス株式会社 東日本営業部  稲垣 茂
16:45-17:00 質疑応答

※都合により内容を変更する場合があります

各セッション概要

第1部
最新サイバーセキュリティ動向
昨今のサイバー攻撃のターゲットは、大企業だけではなく中小企業にも広がってきています。
サイバー攻撃の実態など、サイバーセキュリティに関する動向を分かりやすくご紹介します。
第2部
まるわかり、ゲートウェイが担うセキュリティ対策
外部からのサイバー攻撃の多くはインターネットゲートウェイを通して行われています。
つまり、セキュリティ対策の第一歩は「ゲートウェイでいかに守るか」を考えなければいけません。
そこで、ゲートウェイセキュリティ対策のNo.1製品であるFortiGateで何ができるのか、何を実施すべきか、をご紹介します。
第3部
まるわかり、次世代エンドポイントセキュリティ
標的型攻撃の被害ニュースや数多くのフィッシングメール受信など、外部脅威の心配は途絶えることがありません。
今改めて注目されている「エンドポイント保護の重要性」と、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」を詳細にご紹介します。
第4部
セキュリティ運用の肝
社内に情報システム部門を抱える企業は多いですが、安定性を追求するシステムの運用と巧妙な犯罪者に相対するセキュリティ運用では求められる物が自ずと変わってきます。
第4部ではJBサービスのご提供するセキュリティ運用と、システム運用部門がそのサービスをご利用頂くメリットについてご紹介させて頂きます。

3社共同開催

JBサービス株式会社
図研ネットウエイブ株式会社
株式会社FFRI

pagetop