情報セキュリティの重要性、企業に将来性を感じた

営業 I

社員インタビュー

現在の仕事内容について教えてください。

私が所属する法人営業本部は法人向け製品・サービスの営業活動を行う部署であり、第一部は主に直接お客様に訪問し弊社製品のご提案を行う部署です。対して、第二部は販売パートナー様の窓口を担当し、自身の担当パートナー様と共に既存顧客のフォローや販売施策の企画、営業的なご相談対応、製品販売とは別にサービス案件の担当も行う部署です。現在私は第二部に所属し、8つのパートナー様を担当しています。

この仕事をやっていて面白いと感じることは、担当パートナー様の同行などで官公庁など普段出入りできないような場所に訪問する機会が多くあり、サイバーセキュリティは業種業界を問わず必要な分野なので、仕事を通じて様々な業種に関する知識が得られることです。一方で、異業種からの転職であり、IT関係の知識がほぼ0からのスタートだったため、初めは会話についていくのがとても大変でした。今でもまだまだ知識不足だなと感じる部分はありますが、日々勉強を続けています。

なぜFFRIに入社しようと思ったのか、決め手を教えてください。

情報セキュリティの重要性、企業に将来性を感じた

転職に際しては、前職の営業の経験を活かすことができる企業で、成長中の企業に身を置きたいと考えておりました。

私がFFRIを知ったのは転職活動がきっかけでしたが、事業内容や会社について色々調べてみると、競争力の高い製品が主力であること、特許技術を持っていること、需要を先読みし研究開発していること、さらに情報セキュリティの重要性が高まっている時代背景から、将来性が期待できると感じました。また、前職では保険会社に営業として勤めていたため、未来のインシデントを見据えて対策を提案するという面で共通点があり、募集業種であった営業・マーケティングでこれまでの経験が活かせるのではないかと思い入社を決めました。

仕事のやりがいについて教えてください。

お客様からの感謝、パートナー様との信頼関係

入社当初大きなパートナー様を任された時は荷が勝ちすぎる思いでしたが、やっていくうちに先方の担当者と打ち解けたり、時には「Iさんが担当でよかった」と言ってもらえることがあり、とても嬉しくやりがいに感じます。また、弊社の製品を導入してくださったお客様から、実際にセキュリティ対策で役立っているとご報告をいただくことも、大きなやりがいです。今後もパートナー様と連携して、セキュリティ対策の重要性をお客様にしっかりと伝えていき、より多くのお客様に弊社製品がご利用いただけるように頑張っていきたいと思います。

働き方や職場の環境について教えてください。

時間を有意義に利用できる、リモートワーク制度

2018年度から働き方改革としてリモートワークが導入されました。そのため、アポイントがない日はリモートワークが可能であり通勤にかかる時間が無く、その分時間を有意義に利用できます。リモートワークでオフィスにいない時はSlackを活用してコミュニケーションをしています。チャットのように気軽に使えるのでメールでの会話よりスピードが速く便利ですし、 Slackで通話も可能なため特に不自由ではないです。(会議もやってます)また、入社当初驚きましたが、社内の雰囲気はとても静かです。その分集中してオフィスでも自分の仕事ができます。会社の飲み会は月に1度、部単位または全社で行われますが、こちらは会社から補助がでるためお財布事情にかかわらず参加できます。

営業部での女性社員は現在私1人ですが、個人的には特にやりにくさは感じていません。全社的にも技術者が多いからか男性が多いですが、男女問わず活躍できる環境ですし、リモートワーク制度は子育て中の女性の方には特に嬉しい制度ではないでしょうか。

今後の目標について教えてください。

IT、セキュリティに関する専門的な知識、営業としての実績

営業としてお客様と円滑なコミュニケーションを取るために、ITやセキュリティに関する専門的な知識を磨いていきたいと思います。専門的なIT知識が無い状態でスタートし何とかやっていますが、商談では技術的なお話ももちろん必要で、現在はプリセールスのメンバーを頼りにしております。技術的なお話が始まるとついていけてない時があるので、営業担当としてきちんと把握できるようになりたいです。また、営業面ではしっかりと実績を上げて、会社の成長に貢献していきたいと考えております。

1日のスケジュール

営業Iのとある一日

10:00出社、メールチェック

10:30パートナー様対応

12:00ランチ

13:00見積書作成

14:00会議資料作成

15:00外出

16:00パートナー様対応

17:00Slackで会議

18:30退社

pagetop