ブログ

FFRI BLOG

2012-07-31 Black Hat USA 2012 現地レポートその2

技術戦略室の大居です。

引き続き、アメリカからの現地レポートを行います。

(ブログ運営の都合上、帰国後に掲載されているかもしれません。ご了承ください。)

国際的な「ハッカー」の祭典、DEF CON 20 に参加してきました。

毎年数万人が集まると言われる DEF CON は今年で 20 周年を迎え、今年はラスベガスの Rio Hotel で盛大に開催されています。

DEF CON の魅力はカンファレンスというよりは、むしろそのお祭り的な雰囲気といえるでしょう。様々なイベントが開催され、その中でたくさんのハッカーがコミュニケーションを交わしています。

さて、現地レポートですね。正直なことを言うなら…

DEF CON を 100% 満喫するには次のものが必要かもしれません。

(1) 3~4 日間を楽しむための体力

(2) 英語のコミュニケーション能力や (and/or) 同じイベントに来ている友人

私は、といえば… Black Hat やそのアフターパーティーなどに疲れ果ててしまい、2 日目 (イベント 3 日目の 28 日) は早々にホテルに避難する羽目に。

それでも様々なイベントやセッションを満喫することができました。

見て回るだけでも面白いですし、イベントに参加したり展示されているモノを触ったりすると楽しくなります。体力が持たずに中途半端になってしまったことが悔しいので、来年こそは DEF CON を十分に満喫したいところです!

以上、現地報告でした。

日本に帰国した後も、Black Hat や DEF CON で注目したところなどについて、技術的な部分を交えたり、体験談も交えたりしながら定期レポートする予定です。

お楽しみに!

関連記事
pagetop