ブログ

FFRI BLOG

2014-09-10 FIT2014に出展いたします

マーケティング部の茂在です。

FFRIは2014年10月9日~10日に東京国際フォーラムで開催される日本最大の金融ITフェア「FIT 2014」に出展し、ブース展示、セミナー講演を行います。

FITバナー
FIT2014 金融国際情報技術展
主催:日本金融通信社
会期:10月9日(木)・10月10日(金)
時間:10:00~18:00
会場:東京国際フォーラム・展示ホール(東京・有楽町)
FFRI展示ブースコマ番号:A-35


弊社は「金融機関を狙ったサイバー攻撃の脅威」をテーマとし、標的型攻撃対策やMITB攻撃対策を中心にご案内させていただく予定です。

■展示ブース情報
ブースでは、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」とマルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」、MITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」の3製品を中心に展示いたします。
 【 展示製品1 】 標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」
標的型攻撃で悪用される未知の脆弱性やマルウェアの検知・防御に特化した次世代のエンドポイントセキュリティ 「FFR yarai」 をご紹介します。展示ブースでは、実際の標的型攻撃を再現したデモをご覧いただけます。

【 展示製品2 】 マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」
不審ファイル発見時に自組織内でマルウェア解析ができる体制を組むことができれば、初動対応に必要な情報を得ることができます。自組織内で迅速なマルウェア初動解析を実現する「FFR yarai analyzer」をご紹介します。展示ブースでは、 「FFR yarai analyzer」 が出力する解析レポートをご覧いただけます。
 【 展示製品3 】 MITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」
近年、日本国内のネットバンキングで被害が急増している不正送金につながるMITB攻撃からユーザーを保護する「FFRI Limosa」をご紹介します。導入におけるユーザー負担を最小限に抑え、セキュアブラウザを実現し、脅威を強固にブロックします。展示ブースでは、MITB攻撃から「FFRI Limosa」が Webブラウザを保護するデモをご覧いただけます。 また、展示会場内で開かれる「FITセミナー」での講演も下記の通り予定しております。

■セミナー情報
日時  :10月10日(金) 13:10~14:10
場所  :東京国際フォーラム・展示ホールA会場
タイトル:「被害事例から見る!金融機関を狙った巧妙化するサイバー攻撃」
概要  : インターネットバンキングを狙った不正送金事件の被害金額と件数が拡大しています。 各金融機関での対策は進みつつありますが、セキュリティ対策と利便性はトレードオフの関係にあると言えます。本セミナーでは、利用者様に負担をかけないMITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」をご案内します。また、サービスを利用されるお客様を守る対策と共に、金融機関内部のセキュリティも考える必要があります。金融機関を狙ったサイバー攻撃被害を防御するためには「未知脅威対策」を検討する必要があります。標的型攻撃に使用される「未知脅威」について、被害事例から守るべきポイントをご紹介します。

お申込はこちらから

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

昨年出展したFIT2013 FFRIブースの様子FIT2013


関連記事

標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」

ビッグデータ×機械学習×セキュリティ 人知を超えた検出ロジックで未知のマルウェアを検出する第5のエンジン 第5の検知機能「機械学習エンジン」を搭載し、進化したFFR yarai

マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」

MITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」

pagetop