ブログ

FFRI BLOG

Security Daysに出展しました

マーケティング部の野崎です。

2015年3月5~6日に開催されたSecurity Daysへの出展についてご報告いたします。

Security Daysは情報セキュリティに特化したセミナー・展示会であり、株式会社ナノオプト・メディア主催にて開催されました。

弊社もブースを出展し、標的型攻撃対策製品「FFR yarai」や、マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」を展示し、それぞれ「標的型攻撃対策」、「マルウェア初動解析」という2つのテーマでご案内させていただきました。





3月5日はFFRI 執行役員 事業推進本部長の川原が「標的型攻撃に対抗するための未知脅威対策」と題し、未知脅威対策の進め方について講演を行いました。 お陰様で事前登録時点で満席となり、当日も多くのお客様にご来場いただきました。





また、NTTコミュニケーションズ株式会社 小山様による基調講演内で昨年末に発表させていただいたNTT コミュニケーションズ、日本マイクロソフト、FFRIの三社協業によるサービス「Zero day Attack Protection」(仮称)が紹介され、セミナー後は大きな反響がありました。

FFRIでは引き続き「標的型攻撃対策」を軸として、「未知脅威対策」や「エンドポイントでの多層防御」、「マルウェア初動解析」などをテーマに新しい脅威の存在や対策について情報発信させていただきます。

その一環としまして、4月10日(金)に「段階的にはじめる「未知脅威対策」~診断から解析まで~」と題したFFRI主催ハウスセミナーを開催します!

本セミナーでは、実際にあった標的型攻撃の攻撃プロセスをシミュレートしたデモ動画や、過去の防御実例なども交えながらご説明いたします。皆様のご参加をお待ちしております。セミナーの詳細・お申込みはこちらから。


関連記事

標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」製品概要

マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」製品概要

プレスリリース「日本独自のゼロデイ攻撃対策セキュリティサービス 「Zero day Attack Protection」(仮称)を開発・提供 ~NTTコミュニケーションズ、日本マイクロソフト、FFRIがサイバーセキュリティ基本法の成立を受け、セキュリティ対策サービスの開発・提供で協業~」

2015年4月10日開催 FFRI主催ハウスセミナー「段階的にはじめる「未知脅威対策」~診断から解析まで~」

FFR yarai防御実績

pagetop