ブログ

FFRI BLOG

FIT2016に出展いたします

PR担当です。

FFRIは2016年9月8日~9日に東京国際フォーラムで開催される日本最大級の金融ITフェア「FIT 2016」に出展し、ブース展示、セミナー講演を行います。

FIT2016 金融国際情報技術展
主催:日本金融通信社
会期:9月8日(木)・9月9日(金)
時間:10:00~18:00
会場:東京国際フォーラム・ホールE・ホールD5・ガラス棟(東京・有楽町)
FFRI展示ブースコマ番号:A-52
入場無料:金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。それ以外の方は、入場券が必要となります。ご注意下さい。


弊社は「金融機関を狙ったサイバー攻撃の脅威」をテーマとし、標的型攻撃対策やMITB攻撃対策を中心にご案内させていただく予定です。

■展示ブース情報(コマ番号:A-52)
ブースでは、標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」とマルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」、MITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」の3製品を中心に展示いたします。
 【 展示製品1 】 標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」
標的型攻撃で悪用される未知の脆弱性やマルウェアの検知・防御に特化した次世代のエンドポイントセキュリティ 「FFR yarai」 をご紹介します。展示ブースでは、実際の標的型攻撃を再現したデモをご覧いただけます。また、展示会場内で開かれるFITセミナーでの講演も予定しております。

【 展示製品2 】 マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」
インシデント発生時にマルウェア初動解析を行うことにより、自組織内SOC及び、CSIRTでの迅速なマルウェア初動解析を実現する「FFR yarai analyzer」をご紹介します。展示ブースでは、 「FFR yarai analyzer」 が出力する解析レポートをご覧いただけます。
 【 展示製品3 】 MITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」
日本国内でも定着し、被害が拡大しているMITB攻撃からユーザーを保護する「FFRI Limosa」をご紹介します。FFR yaraiの開発経験を活かし、脅威を強固にブロックします。展示ブースでは、MITB攻撃から「FFRI Limosa」が Webブラウザを保護するデモをご覧いただけます。 導入時のユーザー負担を抑えた、セキュアブラウザ方式を採用しています。

■セミナー情報
日時  :9月8日(木) 13:30~14:30
場所  :東京国際フォーラム・FITセミナーB会場
タイトル:「ソニー銀行が採用した「最後の砦」とは~エンドポイントセキュリティのすすめ~」
概要  : サイバー攻撃は日々進化を続けており、攻撃技術の高度化や攻撃手法の巧妙化が進んでいます。
これに伴い、金融機関を標的としたサイバー攻撃の影響は深刻化しており、サイバーセキュリティの確保が喫緊の課題となっています。
ソニー銀行では、こうしたサイバー攻撃に対して常に先手を打つため、ネットワークやエンドポイントなどの防御レイヤーにおいて多層的なセキュリティ対策を実施してきました。
本セッションでは、ソニー銀行で採用されたFFR yaraiとその導入の経緯についてご紹介いたします。

お申込はこちらから

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

FIT2015
昨年出展したFIT2015 FFRIブースの様子


関連記事

標的型攻撃対策ソフトウェア「FFR yarai」

マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」

MITB攻撃対策ソフトウェア「FFRI Limosa」

ソニー銀行が FFRIの標的型攻撃対策ソフト「FFR yarai」を採用~未知の脅威を検知するソリューションとして OA 系システム全端末に導入~

pagetop