ランサムウェア 事例ブログ

FFRI BLOG

ハウスセミナー「 新管理コンソール「 FFRI AMC」構築の勘所セミナー 」実施

FFRIは2018年2月、「FFRI yarai」最新版としてVer.3.1をリリースいたしました。


詳細は下記プレスリリースをご参照ください。
【プレスリリース】FFRI、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」Version 3.1 をリリース ~大規模管理向けの管理コンソールを標準提供、各エンジンのロジック強化~

2018年3月14日、ハウスセミナー「2時間30分でわかる!!新管理コンソール「FFRI AMC」構築の勘所セミナー」を実施し、「FFRI yarai」の新しい管理サーバー「FFRI AMC」についてハンズオンを交えてご紹介しました。
 
■第一部 新しくなった管理サーバー「FFRI AMC」とは!?
昨今、標的型攻撃に関心を持つ大企業や組織ではサプライチェーン(ビジネスパートナーや子会社、外部委託先)を含めた、セキュリティ防御範囲を見直す取り組みが始まっています。「FFRI AMC」は、そういったユーザーやFFRI yarai月額版販売パートナーの声にお応えし、複数企業のエンドポイントセキュリティ管理を適切に行うマルチテナント化/クラウド化、日本語版/英語版の一元管理、検知した検体収集機能の強化・ログ収集管理機能強化など、大規模管理に適した新管理サーバーです。

第一部では、構築、評価、クライアントへの展開、運用等のポイントをご説明し、過検出判定システムや定期レポート、マルチテナント対応等、「FFRI AMC」の新機能もご紹介しました。


セミナー第一部:構築、評価、クライアントへの展開、運用等のポイントをご説明し、過検出判定システムや定期レポート、マルチテナント対応等、「FFRI AMC」の新機能もご紹介しました。


 

■第二部 【ハンズオン】FFRI AMC構築の勘所!
実際に参加者の皆様にFFRI AMCインストーラーを起動していただき、講師のデモを見ながら一緒に構築を進めました。


セミナー第二部:参加者の皆様にFFRI AMCインストーラーを起動していただき、講師のデモを見ながら一緒に構築を進めました。


インストール後は、テストマルウェアを使って検出テストを行い、FFRI AMCのインシデント管理画面で新機能である過検出判定システムを依頼する場合等の表示をご確認いただきました。


FFRI AMCのインシデント管理画面で新機能である過検出判定システムを依頼する場合等の表示をご確認いただきました。

【「インシデント管理」から過検出判定を依頼する場合】


ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


FFRIではサイバーセキュリティの現状やFFRI製品について理解を深めるためのハウスセミナーを随時開催しています。ハウスセミナーでは製品導入前に構築や運用等に関する不安や疑問のある方のご質問にもお答えしております。


次回のハウスセミナーの開催は未定ですが、開催が決定した場合は、イベント・セミナーページ(https://www.ffri.jp/seminar_all/index.htm)にて告知させていただきます。

その他最新事例・ホワイトペーパーのダウンロードはこちらから

関連記事

FFRI yarai

FFRI yarai防御実績

【プレスリリース】FFRI、次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」Version 3.1 をリリース
~大規模管理向けの管理コンソールを標準提供、各エンジンのロジック強化~

pagetop