ブログ

FFRI BLOG

情報セキュリティEXPO 2015春に出展しました

マーケティング担当です。

2015年5月13~15日に開催された情報セキュリティEXPO 2015春への出展についてご報告いたします。
情報セキュリティEXPOは情報セキュリティ対策のあらゆる製品が一堂に出展する専門展であり、リードエグジビションジャパン社主催にて開催されました。

情報セキュリティEXPO


弊社もブースを出展し、標的型攻撃対策製品「FFR yarai」や、マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」、個人・SOHO向けセキュリティ製品「FFRI プロアクティブ セキュリティ」を展示し、ご案内させていただきました。
また、ブース内ではミニプレゼンテーションを行い、数多くのご来場者様にご清聴いただきました。

FFRIブースの様子


ご来場者様とも会話させていただきましたが、昨年と比べて攻撃者の脅威や標的型攻撃対策の重要性について認識が深まりつつあるように感じました。

また、近日リリース予定のFFR yarai の新バージョンにて不正送金マルウェア強化を図ることをアナウンスさせていただきました。

2015年2月12日の警察庁の発表によると、2014年のオンラインバンキングからの不正送金被害額2013年から倍増しているとのことで、今後もこの流れが続くことが予想されます。
FFR yaraiの現行バージョンでもバンキングマルウェアに対する有効性は証明されておりますが、新バージョンにてより強固なセキュリティを提供させていただきます。

FFRIでは引き続き「標的型攻撃対策」を軸として、「未知脅威対策」や「マルウェア初動解析」、「バンキングマルウェア対策」などをテーマに新しい脅威の存在や対策について情報発信させていただきます。


関連記事

Officeのマクロ機能で感染!バンキングマルウェア「DRIDEX」vs. FFR yarai│セキュリティ・リサーチのFFRI(エフエフアールアイ)

標的型攻撃対策製品「FFR yarai」

マルウェア自動解析システム「FFR yarai analyzer」

個人・SOHO向けセキュリティ製品「FFRI プロアクティブ セキュリティ」

pagetop