FFRI Security BLOG

在宅勤務でもセキュリティレベルを向上させるには

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、在宅勤務などのテレワークを導入する企業が増加しています。

テレワークに利用される家庭内ネットワークなどは、社内ネットワークに比べ、ネットワークセキュリティが脆弱であるケースが多いのが現実です。そして、サイバー攻撃者は多くの企業が十分な対策が取られないままテレワークを開始している今を攻撃のチャンスとして捉えている可能性があります。
そういったリスクを認識しているセキュリティ担当者の中には、テレワーク環境において、いかにして一定のセキュリティレベルを確保するか苦心している方も多いのではないのでしょうか?

在宅勤務でもセキュリティレベルを向上させるには

テレワークの有無にかかわらず、組織におけるサイバーセキュリティには、組織全体のセキュリティレベルを高くしたくても、各部門で求められるセキュリティポリシーが異なることから、一番低いところに合わせないと業務やシステムがうまく回らないという問題があります。(※)

このような組織のテレワークにおけるセキュリティの課題を、次世代エンドポイントセキュリティFFRI yaraiが解決します。

FFRI yaraiは、Windows OSを搭載しているPC端末(エンドポイント)を使用するならば、必須ともいえるエンドポイント対策製品です。また、エンドポイントのセキュリティを強化することは、脆弱な家庭のネットワークを利用するテレワークの環境においても効果を発揮します。一部では「VPNを利用しているから安全」という意見も聞こえます。しかしVPNは社内のネットワークに安全に接続する仕組みであり、マルウェアの感染を防ぐわけではありませんので、注意が必要です。

次世代エンドポイントセキュリティFFRI yaraiは、各部門のセキュリティレベルを最適化するための個別の設定や、チューニング等は不要です。動作も軽く、アップデートは年に数回程度ですので、家庭の通信環境でもストレスなく利用が可能です。

テレワーク導入のために組織のセキュリティレベルを下げて対応するのではなく、エンドポイントの対策を見直し、次世代エンドポイントセキュリティFFRI yaraiでセキュリティレベルを向上させましょう。

組織内のエンドポイントセキュリティレベルを引き上げるには

2020-05-25

FFRI yarai3.3

関連記事 Related Post

次世代エンドポイントセキュリティ Next-generation endpoint security

特集 Special Contents

テレワーク導入時に検討すべき次世代エンドポイントセキュリティとは

お問い合わせ Contact Us

メールマガジン Mail Magazine

エンジニアブログ For Engineer

最近の記事 Recent Post

人気の記事 Popular Post

アーカイブ Achive

pagetop