FFRI Security BLOG

Internet Explorer のサポートが2022年6月15日に終了します

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)から「Microsoft 社 Internet Explorer のサポート終了について」のアナウンスがありました。

Microsoft 社 Internet Explorer のサポート終了について

日本時間2022 年 6 月 16 日にInternet Explorer(IE)のサポートが終了します。サポート終了後は、IE を起動しようとすると Microsoft Edge が起動するよう変更されます。
ウェブサービス事業者等コンテンツの提供者は、IE のみで動作するよう設計・制作されたコンテンツの改修、組織の従業員など利用者は、他のブラウザへの移行が求められます。なお、Microsoft Edge の「IEモード」が利用可能であれば2029年1月まで閲覧は可能です。詳しくは以下の図のとおりとなります。

(IPA「Microsoft 社 Internet Explorer のサポート終了について」図2:IE のサポート終了に向けた移行計画例より)

IEは月ごとにセキュリティの更新プログラムが配布されていたため、最新の脅威への対策にタイムラグがありました。こうしたIEの脆弱性を突いたサイバー攻撃はこれまでにも度々発生しており、FFRI yaraiは、こうしたIEの脆弱性を悪用した攻撃を検出しています。

FFRI yarai がCVE-2020-0674 脆弱性を起点とする複合的な攻撃を検出

一方、Microsoft Edgeでは、以下の通り脆弱性を発見次第、更新プログラムを配布することでサイバー脅威からユーザーを保護しています。

進化する今日のセキュリティ環境において、セキュリティの脆弱性に即座に対応できることも重要なポイントです。Internet Explorer 11 ではセキュリティ更新プログラムを月ごとにパッケージ配信していましたが、Microsoft Edge では、緊急度の高い脆弱性のセキュリティ パッチを数時間から数日で配信します。

(引用:Microsoft社のWindows Blogs / Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了

IEのサポート終了後は月ごとのセキュリティ更新プログラムの配布も無くなるため、IEを使用し続けることはサイバー攻撃に対して無防備となり危険です。6月16日までにIE以外のブラウザへ切り替えを行い、それらを常に最新の状態に保ち、安全性を確保しましょう。

(参考)IPA 安心相談窓口だより(2021年 6月 15日掲載)

投稿日:2022-06-14

FFRI yarai 3.5.0

関連記事 Related Post

次世代エンドポイントセキュリティ Next-generation endpoint security

特集 Special Contents

お問い合わせ Contact Us

メールマガジン Mail Magazine

エンジニアブログ For Engineer

最近の記事 Recent Post

人気の記事 Popular Post

アーカイブ Achive

pagetop