FFRI Security BLOG

よく読まれた記事で振り返る2021年 「FFRIセキュリティBlogランキング」

PR担当です。

2021年も残りわずかとなりました。今年に入ってから12月12日までによく読まれた記事(2021年公開分)TOP5をランキングでご紹介します。





 

1位:Emotet(エモテット)のテイクダウンと注意点(2月19日)

2021年2月19日公開の「Emotet(エモテット)のテイクダウンと注意点」が2021年最もアクセスされました。
2019年10月頃より日本国内で猛威をふるったEmotetのC&CサーバーをEUROPOL(欧州刑事警察機構)他、国際的な協力で停止させたということで話題となりました。FFRIセキュリティでもEmotetについては特に注目し、注意喚起を行ってきました。





 

2位:ニューノーマルな働き方でのサイバーセキュリティとは(3月17日)

第2位は、IPA情報セキュリティ10大脅威2021で組織の脅威2位となった「テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃」でした。テレワークの普及により、従来の境界防御では安全性を確保することが難しくなっています。エンドポイントのセキュリティ強化がテレワーク環境やゼロトラストにおいても重要になってくることを解説しています。





 

3位:【IPA情報セキュリティ10大脅威2021】新たなランサムウェア攻撃に対抗するためには【第1位】(3月12日)

3位には、IPA情報セキュリティ10大脅威2021で1位になった「ランサムウェアによる被害」でした。特定の企業や組織を標的にした、近年のランサムウェア攻撃の手口と対策について解説しています。





 

4位:復活の兆しを見せるEmotet(11月22日)

4位は、Emotetの感染活動再開の兆候が確認されたことについてでした。2月にテイクダウンされたEmotetが11月になって活動を再開し、FFRI yaraiが新たなEmotetのダウンローダーを検出しました。Emotetは非常に強力な感染力を持っていますので、今後も注意を払う必要があります。





 

5位:マルウェア「FormBook」 vs. 次世代エンドポイントセキュリティ+EDR FFRI yarai(6月23日)

5位には、Microsoft Officeの脆弱性を悪用し情報の窃取を行うマルウェア「FormBook」の概要と、FFRI yaraiによる検出のポイントについて解説したブログがランクインしました。

また、6位の記事も5位と僅差でしたのでご紹介します。
次点:メールだけではないランサムウェアの感染ルートについて(4月7日)
VPNやRDP(リモートデスクトッププロトコル)の脆弱性を悪用した不正アクセスの対策について説明しています。

以上、2021年よく読まれた記事TOP5でした。たくさんのアクセスありがとうございます。
IT技術やコンピューターが当たり前に利用される現代社会において、サイバーセキュリティの果たす役割はますます大きくなってきています。FFRIセキュリティでは、最適な対策技術を提供し続けることで、社会の安心と安全に貢献してまいります。
2022年もFFRIセキュリティをよろしくお願いいたします。

2021-12-17

FFRI yarai 3.5.0

関連記事 Related Post

次世代エンドポイントセキュリティ Next-generation endpoint security

特集 Special Contents

お問い合わせ Contact Us

メールマガジン Mail Magazine

エンジニアブログ For Engineer

最近の記事 Recent Post

人気の記事 Popular Post

アーカイブ Achive

pagetop